ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

説教厨のアイドルヲタ アイドルに「その日は僕、仕事があるからライブを入れないでね」

アイドルやシンガー・ソングライターとして活動していた冨田真由さん(20歳)が5月21日、
ファンの男に首や胸など20ヵ所以上をメッタ刺しにされた残忍な事件――。

事件後、複数の現役アイドルたちに話を聞くと、「私もツイッターを一日中監視されていて怖い」
「もらったぬいぐるみから盗聴器が出てきた」など、“ファンの行きすぎた言動”が続々と出てきた(
前編記事「小金井刺傷事件で“明日はわが身”と怯える現役アイドルたち」参照)。

さらに、多くの現役アイドルが口をそろえたのが「出待ち、入り待ちをしている人を見ると、
ちょっと怖いと思う」(Aさん・21歳)というもの。アイドルに「出待ち」「入り待ち」はつきもののはずだが、
一体なぜか? 現役アイドル・Bさん(22歳)が解説してくれた。

「ライブ会場で活動するアイドルを応援してくれるファンの多くは良識的な人たちで、彼らの間では基本的に出待ち、
入り待ちはご法度(はっと)なんです。もし、会場の出入り口付近で会っても『バイバイ』と言って
別れるだけで、後をつけてくるようなことは絶対にしません。

駅のホームとかでバッタリ出会っても、多くのファンは“アイドルと一緒に電車に乗ってはいけない”と『お先にどうぞ』
と譲ってくれるんです。なので、
入り待ちや出待ちをしている人を見かけると『ファンじゃない変な人がいる!』と、ちょっと怖くなるんです」

大方のファンが、こうした暗黙のルールを守る一方で、これを知らなかったり、破ったりするファンには
アイドルたちも自然と警戒することになる。別の現役アイドル・Cさん(23歳)もこう語る。

「例えば“粘着”。これは握手会などで1分間だけしか話しちゃいけないって決まりなのに、その時間を超えて
話してくる人や、物販の時にアイドルのそばにずっと張りついてしゃべってくる人のこと。

それから“説教厨(ちゅう)”。これは『今日、歌詞間違えたね』とか
『その日は僕、仕事があるからライブを入れないでね』みたいに、まるでマネジャーや運営のような発言をする人。
こうした人たちは、ちょっと扱い方を間違えると何をするかわからないので注意しています」
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/06/04/66040/











男の助平心を擽って自分を売ってるんだから当然と言えば当然。
身が大事なら全うな仕事すりゃいいじゃん。

夢を持つのは結構だし悪いこととは言わないが
自己顕示欲を満たす為の免罪符にしてるような連中に
共感してやるほど世間は優しくはないし。



ライブで50人くらい集まる地下アイドルが俺が良く行く店のホテヘルでバイトしてるんだけど、
普通のバイトじゃ無理なくらい活動に金が掛かるみたいね。
弱小プロダクションだと在籍費、レッスン費等々徴収されるって。




ドルオタの友人がいるんだがさっきそいつのツイッターみたら
アイドルにツイッターでライブの予約入れててそのアイドルからの返信が
「やっと会えるね楽しみ会えなかったからムカつくけど恋しかった」等々アイドルが友人に返してて
これはいかんだろと思った今日この頃

スポンサー リンク

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
585位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。