ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

中年になった日本の引きこもり、「家庭内ヤ○ザ」にへwへ

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/26/2016052601090.html

東京近郊の小都市に住むAさん(41)は、23歳のときから自分の部屋に引きこもり、
18年もの間、自宅の外には足跡すら残さず、40代に突入していた。3坪(約10平方メートル)の部屋で、
70キロほどのバーベルを用いて筋力を鍛える一方、家の中のあちこちにマジックで「低能者」と落書きしていた。
また、携帯電話を使ってインターネット通販をし、同じ物を大量に購入した。70代の両親には
「俺がこうなったのはあんたたちのせいだ」「能力のある俺が、能力のないあんたたちを支配する」と
言い放っていた。家族の話では、Aさんには精神疾患の疑いがあった。

 そんなAさんを精神科病院に入院させるため、今月15日朝、1台の民間の救急車がやってきた。
屈強な4人のスタッフは、首に厚いプロテクターを巻いていた。Aさんが刃物を振り回した場合に備え、頸(けい)
動脈を守るためだった。精神障害者を移送する“説得のプロフェッショナル”、押川剛さん(『「子供を殺してください」
という親たち』等著書多数)は報道陣に対し「緊迫した状況では、記者たちを守れる余裕はない。
自ら安全を確保してほしい」と告げた。2台のパトカーも現場に到着した。近所の高齢の女性が、怖くなったのか、
涙を見せた。「数十年間近所付き合いをしてきたが、この家にそんな息子さんがいたとは知らなかった」

 中年になった引きこもりが、日本社会で「時限爆弾」と化している。1980-90年代に学校へ行かなくなり、
部屋に引きこもった子どもたちが、今や40代に差し掛かっている。この問題が初めてクローズアップされたときは、
「10代の問題」として軽視されていたが、それは誤っていたという声が出ている。2010年に内閣府が行った
調査によると、日本全国の引きこもりは69万6000人に達し、このうち26.9%が35歳以上だった。その多くがそのまま40代に突入したと推定される。

 押川さんは「20歳ごろに引きこもりだった人たちのうち、約半数が40歳を過ぎても引きこもりを続けている。そ
の全てが危険な精神障碍者だとは言えないが、多くの人が年を重ねるほど攻撃的になり、まるで「家庭内ヤクザ」のように君臨している」と語った。

 日本では現在、日本財団など複数の公益法人や市民団体が、引きこもりの社会復帰を手助けし、
政府や地方自治体が直接・間接的に支援している。だが、本人と家族の意思によらなければ意味がない。
政府が無理やり入院治療を受けさせたり、社会復帰の訓練をさせたりすることもできない。








引きこもりニートだが親に感謝している。
長生きしてほしい。でないと年金入らなくなるし。


これは頭が壊れてしまった、という事例だな

「才能がある俺がこうなってしまったのも親のせい」
酷い話だな


まぁ親が死んだら
不公平で国民を救う気もない政府相手に
最後の花火を打ち上げたい気持ちは分かる

早く親が死なないかなー


親は成人した子供を同居させる義務はない

スポンサー リンク

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
585位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。