ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

FF15プロデューサー田畑氏「自分のFF観でしか物事を考えられなくなってしまったFF病の人達が社内にもファンにもいっぱいいる」


原田氏:
 悪い意味ではなくてね。アンチに対しても,クオリティと物量で黙らせるみたいな熱量があった。
僕もそれこそがFFだと思っていたし。ところがですよ。2014年の東京ゲームショウでFFXVの
トレイラーが発表されたとき,「ホスト4人が高級車で疾走」というイメージがバズって,それに
乗っかって公式でコラ素材を配布したじゃないですか。しかも,クリアファイルも作ってましたよね?

田畑氏:
 ああアレ,面白いんですよ。どんな書類を入れても,全部コラージュに見えるっていう(笑)。
原田氏:
 それで僕も思わずコラ画像を作ってしまったわけだけども(笑)。でも,こういうネタ方向の
盛り上がり方って,今までのFFのスタイルでは,恐らく許されなかったと思えて。



田畑氏:
 いやいや,天然じゃないです。あれはちゃんと意味があって,ローンチまでにファンを増やしていく,
“線”のアプローチがしてみたかったんです(関連記事)。ああやって素材にして遊んだら,
発売前なのに,自然とキャラに親しみが湧いてきますよね?

原田氏:
 その方法論は分かるんです。僕だってもう,あのホスト君達には親しみが湧いていますからね。
でも,それを嫌がるファンだって確実にいます。あるいは口にこそ出さないまでも,これまでと違う
やり方やファンとの接し方に対して,「大丈夫かな?」って不安に感じる人もいる。

田畑氏:
 ええ,ネガティブなフィードバックもいっぱい来ました。ああ,これがFFっていうIPの歴史なんだって,
そのとき改めて思いましたね。ただそれと同時に,「FF病」にかかったままの人が,ファンの中にも
いっぱいいるんだってことに気が付いた。

4Gamer:
 FF病,ですか?

田畑氏:
 スクウェア・エニックスの社内にいる,自分のFF観でしか物事を考えられなくなってしまった
人達のことです。その根っこにあるのは強烈な自己肯定で,チームの勝利条件よりも,
自分のFF観を優先してしまう。そのFF観を満たせてないと,FFとしてダメだと思い込んでいる。
「FFは特別なゲームで,それを作っている自分達も特別なんだ。FFの新作が出たら皆が
食い付くはずだ」って,どこかで思っている。でもそんな現実,あるわけないじゃないですか。

原田氏:
 なるほど,それでFF病。それは解りやすいですね。

田畑氏:
 それで,「俺たちは特別な存在じゃない。早く目を覚ませ」って,チーム内で諭していた時期が
あったんですけど。でも,FFXVの情報を世に出し始めたことで,それが社内だけじゃなかったことに
気が付きました。みんながFF病だったんですよ。

原田氏:
 よく分かるお話ですね。僕がやってる鉄拳シリーズでも,システムやストーリー,
キャラクターのラインナップなどで大きな改革を行ったら,やっぱり「こんなの鉄拳じゃない!」っていう
反発が少なからず出てきます。

田畑氏:
 そういう現状維持を求める人達の声って,ものすごく強く大きいですよね。ディレクターの交代を
発表したときとか,すごかったです(笑)。でもだからこそ,FFの現状に対する危機感を,
より強く持つようになりました。ここでシリーズを近代化しておかないと,終わってしまうだろうと。
















FFなんて,3,4,5,6,しかやってないお,,,。


ホストって言ってんのは楽しんでんじゃなくて馬鹿にしてるだけだよ
なにが親しみだよw



んなこと言うヒマあったら早よ出せば?とか、ネットでは盛り上がったけど大して売れなかったエルシャダイとかあったね、とか色々


ドラクエは今までの作品に一貫性みたいなものを感じるけど、FFはすでにそれが感じられない。
売る為に無理矢理ナンバリングしているだけで、FFである意味がないならタイトルを変えて勝負したらいいのにな。


ホスト4人が高級車で疾走するGTA?


売れて好評得てからこういうこと言わないと
後で赤っ恥かくぞ


スポンサー リンク

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
631位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。