ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

【彼等も人間だ!】40代ひきこもり部屋のドア破壊突入[更生術」番組に「人権侵害だ!」と非難殺到へwへ

長年に渡り、ひきこもっている人の「更生術」を紹介した番組「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に、賛否の声が寄せられている。
その内容の激しさから、非難のトーンが強い声も多い。

 ひきこもりの更生と言えば、支援者と当事者が腰を据えて対話する姿を思い浮かべる人も多いだろう。ところが今回、番組で放送されたのは、
支援者が部屋のドアを蹴破って怒声を浴びせかける「荒療治」だった。

■まるで立てこもり事件の警官突入シーン

 同番組の2016年3月21日放送回は「大人のひきこもり」特集だ。主に取り上げたのは、ひきこもりを家から出す方法。非行や不登校、引きこもりを預かる学校「ワンステップスクール伊藤学校」(東京都渋谷区)の廣岡政幸校長が、相談を受けた家庭に赴いて引きこもりと対峙する様子を紹介した。

 千葉県に住む70代の夫婦宅に踏み込んだ時のことだ。転職や株に失敗し、800万円もの借金を抱えて戻った47歳息子が13年間引きこもり続けている。突き飛ばされて足で踏みつけられた、と夫婦が証言するなど、事態はかなり深刻化していたようだ。

 廣岡校長は、部屋の前で当初穏やかに話しかけていたが、良い反応を得られなかったのか、徐々に言葉遣いが荒くなってくる。

 そして、ついにはドアを強く押して「バリバリバリ」と破壊し、無理やり部屋に突入。「降りてこい!」と叫んだ。立てこもり事件の警官突入シーンを彷彿とさせる迫力だ。

 また、詳しい場所は明かされなかった、ある「ゴミ屋敷」にも訪れる。そこには、11年間引きこもり、腐敗した食品で家中を埋め尽くした41歳の男性が暮らしていた。「ゴミ屋敷」は、今は高齢者施設に身を寄せる親の家だった。

 この男性にも「やーだの、あーだの、うーだの言ってるヒマがあったらよぉ、自分の自立一歩でもどうやって進むか考えろ、今!」と強い口調で叱り飛ばした。

 その後のインタビューシーンで廣岡校長は

  「何かあってからじゃ遅いから、僕らは対応しているんです。警察は『何かあってから』じゃないと対応できない。僕らは『何かないようにするため』やるしかないんです」

と話していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00000008-jct-soci












TVタックルって誰が見てんの?
関西だとワイドナショーとかぶるからそっち見てる。




人権を重視してるからこその行動だろ。
そのまま放置して、もっとおかしくなったら責任取れるのかよ。





そんな甘い考えだからどんどんダメにしてしまうんだろうな。
最後はみじめに野垂れ死にするのと、人権無視で更生してもらうのとどっちがいいかって事だな。





正論じゃん
引きこもりは甘えそのもの
問答無用で引きずり出して死ぬか生きるか選ばせればいい


スポンサー リンク

コメント

おい引きこもり管理人!聞いてんのか!
非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
661位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。