ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

【ノーベル経済学賞】スティグリッツ氏だけでなくクルーグマン教授もアベノミクスに「死刑宣告」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46435
政府は3月、「金融経済分析会合」という異例の会議を3回も開いた。
そのうち第1回に呼ばれたのがジョセフ・スティグリッツ、第3回はポール・クルーグマンというノーベル賞受賞者で、
彼らはともに「消費税の増税は延期すべきだ」と提言したと伝えられている。
?積極財政論者として知られる彼らを呼んだら、こういう提言が出ることは分かっていた。
安倍首相はこれを根拠にして増税を延期し、それを争点にして衆議院の解散・総選挙に打って出るつもりだろう。
しかし彼らは本当に政権の意に添うことを言ったのだろうか?

アベノミクスへの死刑宣告
?首相官邸のホームページに和訳されているスティグリッツの資料を読むと奇異に感じるのは、
「消費税」という言葉が一度も出てこないことだ。
?書かれているのは欧米の不況の話ばかりで、日本の話は出てこない。彼が強調するのは「深刻な停滞時において、
金融政策が極めて有効だったことはこれまでにない。唯一の効果的な手段は財政政策」ということだ。
?そして具体的な政策として、彼は「緊縮財政をやめる」ことを提言しているが、そこで挙げている政策は、
投資の促進や技術開発に政府支出を増やして生産性を上げるといった「構造改革」で、増税の延期ではない。
?クルーグマンも前回の増税のとき首相官邸まで招かれて延期を勧告したが、
日銀のマイナス金利については「効果は限定的だ」とコメントした。彼らの一致しているのは、
ゼロ金利では金融政策の効果はないので、財政政策を発動すべきだということだ。

これはEU(ヨーロッパ連合)の不況をめぐる議論で、多くの経済学者が論じていることだ。彼らはドイツが極端な緊縮財政をとっ
ているために南欧の債務国の金融危機が悪化していると批判するが、これは金融危機と無関係な日本には当てはまらない。
増税の延期が「構造改革」になるはずもない。
?いずれにせよはっきりしたことは、かねてから金融政策に否定的なスティグリッツだけでなく、かつてアベノミクスを絶賛していた
クルーグマンまで、金融政策には効果がないとはっきり認めたことだ。これはアベノミクスへの死刑宣告ともいえよう。















諸悪の根源は財界
政府は正しい


変わりに死刑囚二人処分しときました


消費税上げて緊縮財政するとか
安部ちゃんくるっとる



消費税上げて緊縮財政するとか
安部ちゃんくるっとる


俺は最初からアベノミクスに死刑宣告していたけどな
根本的に間違っている 時代錯誤な政策だ


たとえ間違えててもこの道しかないんだから行くところまで行くよー





スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
801位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。