ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

ソーシャルゲーム『神撃のバハムート』課金ガチャの確率を公開 

ゲーム会社のCygames(サイゲームス)が開発・運営するソーシャルゲーム『神撃のバハムート』が、ゲーム内課金アイテムを入手する有料ガチャの確率をゲーム内で発表したが、最もレアリティの高いレジェンドカードの一部が、わずか0.002%の確率と明記されており、あまりにも低すぎる排出率で物議を醸している。

『神撃のバハムート』は、2011年からポータルサイト・Mobage上で提供されているファンタジーゲーム。プレイヤーは騎士となって、人と魔物と神々が入り乱れた世界を冒険するカードバトル型のRPGだ。

2014年には『神撃のバハムート GENESIS』としてアニメ化も果たしたほか、海外でも異例のヒットを記録するなど、数あるソーシャルゲームの中でもファンの多い作品となっている。

同作を運営するサイゲームスは、ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』(通称:グラブル)の運営も行っており、ガチャに数十万単位の課金をしても狙ったアイテムが出ないユーザーが続出した「グラブル問題」で炎上騒動を巻き起こしたことも記憶に新しい。

その騒動を受けてか、『グラブル』に先立って『神撃のバハムート』でガチャからの出現確率を公開したが、上述の通りレアリティの高いカードの0.002%というあまりにも低すぎる排出率に対し、ユーザーから不満の声が続出。

0.8%の確率で出現するレジェンドカード内に109種類ものカードが存在しているため、個別の確率が著しく低くなっているようだ。なお、一部のレジェンドカードが出現する0.002%という数値は、具体的なガチャの回数に換算すると5万回に1回という確率。

あまりに天文学的な確率に、ユーザーからは「こんなの表記されたら引こうと思えない」「正直でよろしい^^」「俺のやってるそソシャゲは良心的だったのか」など、驚きや絶望の声が上がっている。

また、ガチャには「通常」「セット」「プレミアムセット」と3つの種類があり、レジェンドカードの出現確率も上昇していく。

今回の騒動は『神撃のバハムート』のみならず、課金システムのあるソーシャルゲームでは同様に起こりうる問題であるだけに、ユーザーや運営の間でさらなる波紋を呼びそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160310-00010006-kaiyou-ent











嫌々この表現はおかしい。

あるクラスの割り当てが0.80%で
そのクラスには100以上の商品がある、だから0.0025%のものはおかしくないんだよ。

当たりは0.8%あるんだから。


パチンカスが湧いているけれど、
お前らだって単一の当たり方だけを計算してみろよ。

ビタ止まり無演出777なんて0.000001%くらいしかないだろ?

中身を理解してからものを言えよ。

パチ という文字を出したやつ全員知恵おくれ確定な。明日から二度とやるなよ。

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1126位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
479位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。