ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

ラスト○行で全てがひっくり返る鳥肌モノの小説7選

ラスト数行で全てがひっくり返る小説がすごいんです。大どんでん返しありの驚愕の結末、それまで読み、信じていた世界が逆転します。

◆ラスト一行ですべてがひっくり返る!
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51hty9rMq2L.jpg
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
作者:綾辻行人

あらすじ:十角館が建つ孤島で起きる連続殺人。大学ミステリ研の運命やいかに!?

綾辻行人のデビュー作にして、新本格ブームのきっかけになった推理小説。

「ラスト一行の衝撃」を見逃すな!!

◆サイコホラーでは終わらない衝撃のオチ
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ZFXH5NEPL.jpg
殺戮にいたる病 (講談社文庫)
作者:我孫子武丸

あらすじ:猟奇的殺人を繰り返す男、息子が犯人でないかと疑う母親、犯人を追う元刑事。行き着く先に待ち受けるものとは?

猟奇的な描写が多い本作。最後まで読めずに止めてしまう人もいるかもしれない。だが最後まで読んで欲しい。ラストであなたは意外な事実に驚くだろう。

◆それまで見ていた世界がすべてひっくり返る
http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ockrAapfL.jpg
イニシエーション・ラブ (文春文庫)
作者:乾くるみ

あらすじ:合コンの席で出会ったマユに惚れた男。二人は恋に落ち…。

映画化もされた本作は一見恋愛小説のようで、最後の数行を読むことでまるで実像が変わってくるというものなのだ。
最後の最後であなたが見ていた世界はひっくり返ります。

◆この物語、まさに宿命!
http://ecx.images-amazon.com/images/I/61HC5PE216L.jpg
宿命 (講談社文庫)
作者:東野圭吾

あらすじ:初恋の人と別れ、警察官となった男。十年後容疑者として目の前に現れたのは学生時代にライバルだった男、その妻は初恋の人だった…。

ラスト一行のために書かれた本作。トリックに主眼を置かない意外性にこだわった意欲作でもある。

最後の最後であなたは『宿命』の意味を目の当たりにする…。

◆真相の先にある衝撃的ラスト!
http://ecx.images-amazon.com/images/I/510KVMETWBL.jpg
噂 (新潮文庫)
作者:荻原浩

あらすじ:香水の新ブランドをヒットさせるため生み出された「レインマン』の噂。噂は現実となり、足首のない女子高生の遺体が見つかった…。

噂が持つ力を克明に描いたミステリー小説。ラスト一行があることによって、ただのミステリーでは終わらない作品となっている。

◆ブラックな捻りのあるオチ
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51K7%2Bu36uML.jpg
儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
作者:米澤穂信

「バベルの会」にまつわる五つの事件が収録された短編集。最後には邪悪に満ちた衝撃が待っている。

◆ラストで覆るミステリ短編集
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51C2Vvw-HNL.jpg
私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫)
作者:北山猛邦

切なさと優しさ、そして残酷さのある五つの短編集。ラストで覆る世界、意味を理解したとき、あなたは驚くだろう。

http://matome.naver.jp/odai/2145355979956024301












十三番目の人格―ISOLA
っていう奴は結構やばかったぞ
ホラーなんだけど


殺戮にいたる病は読んだ
これは見事に騙されたな


松本清張派の私に言わせればそもそも「意外な結末」なんて必要ない

その多くが子供騙しに過ぎない


湊かなえの『白ゆき姫殺人事件』
映画の方だけど



最後驚愕の1ページとかPOPがついてる本あったから
最後のページだけ立ち読みしたら
女が「きもっ!」ってセリフで終わってたな

たぶん相思相愛だと思ってたヒロインにラストで言われたんだろうなって想像した。


スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
469位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。