ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

就職活動の「自己分析」って宗教だよなwwwww

~まずは自分自身を見つめ直すことから始めよう~
 
 11月に入り、来年の就職活動を意識し始めている学部3年生・修士1年生もいると思います。
キャリアセンターでは、12月の就職活動ガイダンスを皮切りに、2016年9月・2017年3月卒業・修了予定者向けの就活支援行事を実施していきます。
今はまだ慌てる時期ではありませんが、早めに就活の準備を進めたいという方はまず「自己分析」から始めてみましょう。

 就活を終えた卒業生の声をまとめた『就職活動体験記』(※1)を読むと、自己分析の重要性を伝える先輩が多く見受けられます。
また、就活生に対する民間調査(※2)でも、後輩にアドバイスしたい「企業の採用活動(会社説明会)開始前にやっておくべきこと」で
自己分析が3年連続1位に挙げられています。

 では、なぜ就活において自己分析がそれほど重要なのでしょうか?

 就活では、自分自身のことを第三者に分かりやすく説明することが求められます。
さらに、これからの人生を左右する大きな決断を自らの意思で下さなければなりません。
そのためには、自分自身をしっかり見つめ直しておくことが何より大切です。

 具体的には、「興味・関心」「思考・行動」「長所・短所」「価値軸」の4つについて整理し、自分の言葉で説明できるようにしておくと良いでしょう。
それによって、自分が興味を持って取り組めることは何か、これまでにどんな経験をしてきたのか、仕事で生かせる“自分らしさ”はどんなところなのか、
将来の夢や目標は何か、これからどんな人生を送りたいのか、といったことを自己認識できていることが、就活のあらゆる局面で役立ちます。

 たくさんの企業を研究して、優良企業を見つけることはもちろん重要です。では、“あなたにとっての優良企業”の条件は何ですか?

 すぐに答えが見つからなければ、まずは自己分析に取り組んでみることをお薦めします。


※1 Waseda-netポータルへログイン→キャリアコンパス→就職活動体験記
※2 株式会社ディスコ『日経就職ナビ学生モニター調査』

http://www.wasedaweekly.jp/detail.php?item=1515












リクルートと胡散臭いマナー講師が居なくなれば就活も楽になるだろ


真剣に考えすぎると遅くきた厨二病みたくなるから辞めろ


もう筆記と最終面接だけでよくね


自分を大げさに表現する奴は信用ならんよ


東横泊まると目につく内観とか


回りはライバルだから就活してる時は言いたくなかったけど、実は自己分析ってのはすごい大事で、
まず素の状態のままの自分を分析する。もちろん過去の経歴や自分が思う自分、とかじゃなくて、
よく入社試験に使用される心理学的な主要テストをプレで受ける事も含める。

そしてその結果に「基づいて」各種書類作成や面接を受ける(と一般的な就活マニュアルでは言われるが)
その結果に「注意して」企業が求める人物像に、あとは分かるな。これでリーマンでもめっちゃ内定取れたわw

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
527位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。