ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

1万円でiPhone6sの16GBを128GBにアップグレードする改造業者が増殖中 2万円お得に

http://iphone-mania.jp/iphone-6s-91523/

iPhone6sを選ぶ際、泣く泣く予算の都合で16GBモデルを購入する羽目になったユーザーには朗報かも知れません。
格安でiPhone6sの16GBを128GBにアップグレードしてくれる業者が、現在中国で注目を集めています。

本物を買うより2万円もお得!
香港メディアの東方日報によれば、中国の重慶にある携帯修理店では、iPhone6sの16GBを450元(約9,000円)で64GBに、
580元(約11,600円)で128GBにしてくれるそうです。

アップルの公式ストアで、16GBと128Bの価格差は1,600元(約32,000円)になることを思えば、約2万円も節約できる業者を選択しない手はありません。
「抜け穴」発見によって進化し続ける技術

修理店の店員によれば、これまではウェハのナンバーとIMEIナンバーが一致しなければ、スマートフォン側で認証がなされなかったため、こういったアップグレードは出来なかったとのことです。

しかし、今回のiPhone6sに限っては、ハードディスクのナンバーを読み取る機械を使うことで、以前のウェハの記録をそのまま新しいウェハへ移し替えることができ、認証を通過することが可能となるそうです。

いわば「抜け穴」であるこの技術は、つい最近までは、iCloud機能を完全に使うことが出来ず、「iPhoneを探す」
などが使えないなどの欠点がありました。しかし、最近新たに登場した技術では、すべての記録を完全にコピーすることが可能で、
副作用らしきものは発生しないのだとか。

ストレージに大きな価格差つけて稼ぐモデルがまいた種?
これまでにも同案件は、中国ユーザーを中心として成功レポートが何件か報告されていましたが、
技術と部品さえ調達できれば誰でも可能だと判断されたのか、早速ビジネスにする店舗が登場することとなりました。
アップルはこの件について現段階ではコメントを差し控えていますが、元はと言えば
内蔵ストレージ50GB前後で1万円の価格差を設けるスマートフォン業界のビジネスモデルが、まいた種とも言えます。
日本国内でもこのような業者が今後登場するのかは謎ですが、いかにお買い得とはいえ、依頼した場合、
その後のアップル公式サポートは受けられなくなるので、利用にはご注意ください。











128GBとかけち臭いこといわずに1TBぐらいにしてくれ

いや容量は別にいらないか、メモリ8GBで頼むわ


マイクロSD対応すれば1モデルで済んで、値段も安くなる。
アップル信者はよくあんなボッタクリに耐えられるな。


公式がぼったくりだからこういうビジネスが成り立つ


16は少なすぎてアップグレードの度に泣く泣く写真など削除していたので
128GBにしたけどそんなに使わないな
オイラの場合は

64GBで良かった
16はホントに非道いシロモノだ

泥使いは未だやたらとSDカード付けろとうるさいけど実際使ってんの?
ただ単にファイル一杯または余裕たっぷりで悦に浸ってるだけの人が殆どだと思うのだけど。

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1542位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
621位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。