ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

【遊戯】40年ぶり「手打ち式パチンコ機」復活

http://www.sankeibiz.jp/business/news/151017/bsd1510170500010-n1.htm
昨今のパチンコといえば、ハンドルを握って玉を射出し、盤面中央に搭載された液晶演出
を見て遊ぶスタイルが主流。だが、かつては1発ずつ手で玉を弾き、その弾道を目で追うパチンコが市場をにぎわした。
いまや後者のような遊技機は、縁日でお目にかかるくらいだろうか。

 そのような市場環境を背景に、新規パチンコメーカーのエイゴン(東京都台東区)が2日、
同社製遊技機第1弾となる手打ち式パチンコ機「CRA-gon昭和物語」をリリースした。
 プレス発表会で金子亮太社長は「約40年ぶりに手打ち式パチンコを復活させる。
コンセプトは真の原点回帰への挑戦」とコメント。同機の市場投入をきっかけに、
業界の課題の一つとなっているスリーピングユーザーの掘り起こしや新たなユーザーの獲得、
低迷する4円パチンコ市場の活性化につながることを期待した。また、今後も手打ち式パチンコ機を開発していくことを約束。
「大衆娯楽発展のために尽力する」と意気込んだ。

 前述のとおり、同機の最大の特徴は、手打ちスタイルの復活。チューリップを連動させることで出玉を獲得していく仕様で、1
5個賞球タイプと10個賞球タイプの2種類をラインアップした。なお、15賞球タイプは5&7&15、10個賞球タイプはオール10となっている。
 いずれも遊び方はいたってシンプル。筐体右下のレバーを弾いて玉を打ち出し、
盤面上部にある“GO”を狙うだけだ。大当たり中は、3個並んだチューリップの開閉を連動させるように打ち込むことで、
最大210個の出玉を獲得。1個ずつの玉の動きに一喜一憂するパチンコ本来の面白さが、
往年のパチンコファンには懐かしく、最近のファンには斬新なゲーム性として興味をそそるに違いない。
さらに、軍艦マーチや草競馬など懐かしの昭和サウンドが、古きよき時代へとプレーヤーをいざなう。

パチンコホールへの導入は12月上旬を予定。
 当日は、特別ゲストに脳科学者の篠原菊紀諏訪東京理科大学教授と、遊技史研究家である
パチンコ博物館の牧野哲也館長が来場。篠原教授は実験結果を踏まえつつ、
手打ち式パチンコを遊技することで脳トレ効果がもたらされ、脳の活性化に寄与することを説明。

 牧野館長は手打ちの熟練技を披露するとともに「遊技を楽しむ真剣さが求められるという点で今
のセブン機とは一線を画しており、独自の面白さがある。市場の活性化に寄与できる機械だ」と新機種の魅力をアピールした。


CRA-gon 昭和物語 PV(手打ち式の遊び方)









でも射幸性高くて
規制対象だな


ホールの儲けにならないからやらないだろうけど、手打ち&手込めなら
ゲームとして遊んでみたいかな。手をクロスさせるんだよねw


腱鞘炎になるわ


動画で脳科学の先生が手打ちは短時間でいいってコメント出しててワロタ
10発位打ったら移動しよう


電気代はかからなくなる。
単位時間当たりの発玉数は、少なくなる。
出玉率は減る。
しかも開発費は0。

まったく利用者側が得しないもの。


パチンコ屋の生き残る道はこれかもしれんねぇ

タバコ銭で半日遊べる庶民の娯楽に戻ろう
やっぱ異常だよ、今のままでは製造メーカーと大手しか儲からん
客も一般店舗も不幸


















スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
661位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。