ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

ホリエモン、提言!「Jリーグはプレミアリーグに肩を並べることが可能!」

Jリーグ史上初となるアドバイザーに就任した堀江貴文氏(現SNS株式会社オーナー兼従業員)に聞く改革論の後編。以下、一問一答。

――サッカー経験者だけの組織だと、どうしてもコップのなかの議論になりがちになる。そうした閉塞的な状況に風穴を開けて欲しい、という狙いがあったわけですね。
「村井チェアマンのオーダーが何だったかというと、理事の人たちに『僕の知らない人たちを連れてきて欲しい』と言ったんですね。要は仲間じゃない人たちを連れてきてくれと。
それで僕や夏野剛(慶應義塾大学特別招聘享受)さんたちに声がかけられ、アドバイザーに就任したわけなんです」

――堀江さんご自身がJクラブを持ちたいという考えは、あるのでしょうか。
「持ちたいという思いはないですそれほどサッカーが好きなわけではないので。ただ、純粋に投資対象として持ってはいいかなとは思います。
僕のビジネスプランをすべて実行すれば、Jリーグはプレミアリーグに並ぶリーグになれると思っているので、ものすごくバリュー投資だと思う。
数百億円を自由に投資できるのならば、Jリーグは投資対象になり得ます」

――ただ、現状では投資をしてもリターンが見込めないと。
「僕はリターンが見込めると思っていますけど、ビジョンに対して共鳴する投資家はまだまだ少ないということです。投資ってそういうものじゃないですか。
Jクラブはいまめちゃくちゃ安く買えるけど、みんなが上手くいくと思ったら価格は高騰するわけですよ。みんながそう思っていないからこそ、いまがお買い得なんです。
たとえば、プレミアリーグのチームはもう天井です。これ以上大きくはなりません」

――そのプレミアリーグが、アジアの市場を開拓して久しいですけど、Jリーグが食い込んでいく余地はまだまだあると。
「まだまだあるという発想が、まずおかしいんですよ。プレミアリーグはアジアに合わせてキックオフ時間を決めている。だから、お昼とかにキックオフしたりする。
日本は別に合わせなくても、時差はほとんどない。午後8時にキックオフしてもタイなら6時、中国なら7時になるのかな。
日本の内部の時間帯を意識する必要もないところも強みだし、最近はLCCもすごく安くなっています。

 これから経済が発展して、すごくお金持ちになる人口約20億人を擁するアジアにとって日本は飛行機で数時間とものすごく近いし、時差もほとんどないし、食べ物は美味いし、
しかも、安全で経済レベルも文化レベルも高い。みんな日本に来たいわけだし、そこにJリーグがあったらスタジアムに来ますよ。
プレミアリーグを現地のスタジアムで見るのは難しい。だからこそ、日本はものすごく有利なんです」

>>2以降につづく

THE PAGE 10月14日(水)12時0分配信 全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00000004-wordleafs-socc&p=1


――ここ最近は中国のクラブが強いですけど、あるJクラブの幹部から「中国でプレーする外国人選手にいま現在の年俸の6割から7割を出せば日本に来る」と聞いたことがあります。
年俸以外のプレー環境は格段に日本のほうが上なんですけど、残念ながらそのための原資がないとも。

「それこそ、僕が最初に言ったことですよ。こういうビジョンでやっている、だから放映権はお買い得ですよ、買いませんかというセールスをすればいいんです。
そのためには東京の都心に2つのビッグクラブがほしいし、他の大都市にもひとつずつは街中の非常に便利なところにサッカー専用スタジアムがほしい。
Jリーグの場合はアルビレックス新潟や松本山雅FCなど、ローカルモデルは非常に上手くいっています」

――同じ原理はあてはまらないですよね。
「大都市のビジネスモデルはローカルではなく、確実にグローバルを目指さなきゃいけません。当然ながら、日本だけでは成立しません。中国、東南アジア、
インドといったところのマネーと視聴者を相手にするビジネスです。グローバルモデルとローカルモデルを共存させなきゃいけない」

――そういうビジネスモデルを描ける経営者が出てきてほしいということになりますね。
「経営者ではなくて、まずはリーグとしてそういうメッセージを発信しなきゃいけない。実際、Jリーグとしても、放映権の件などを話し合っているわけですよ。
映像制作はどうするのかといった具合に。いまはスカパー!の放映分はスカパー!が放映権料を払って、彼らが映像を独自制作している。
NHKが地上波で放送するときも同様ですけど、そういったビジネスモデルを根底から変えていかなきゃいけない」

――これらの提言は、すでにJリーグ側になされたのでしょうか。それとも、シーズンが終わってからまとめて、という形になるのでしょうか。
「そんなにのんびりした形でやるわけがないじゃないですか。提言というものは随時行っていきますけど、何か書類をまとめて冊子にして送るとか、そんなにかしこまる必要はありません。
僕たちは本当にざっくばらんに話し合っていますから」










プレミア全体でもまだ伸びる余地あるし各クラブも幾つかはスタジアム拡張親せつで伸びるぞ


こいつや夏野の言う通りに進めばマジで終わるぞ


人間離れしてきたのかもな


陸スタじゃはってんは無理でしょ


自分の金を使わないから好き勝手に言ってるな
本当に儲かると思ってるなら自分で投資してるよ


とりあえず口ばっかじゃなくて実際に行動でやれよ。。。

こいつにスポーツとか観客を呼ぶようなことが出来るとは思えん。

1チームでももってやれよ。ほんと口ばっか。


プレミアの金満なんか殆どアジアからの金だろ。
日本にプレミア作れば、そっちに金が流れる


レスターやQPRどころか広州に勝てるクラブすらJにないだろ
よくてリーガのエイバル、エルチェ、マラガに匹敵するチームあるかなあってレベル


これはJリーグが金払ってホリエモンに喋らせてるだけだな
Jのやりたいことを代弁させてファンや経済界の反応探ってるだけ


大きくなる可能性があるのは間違いないがJリーグに金を出す奴がいない
アジアサッカーの中心は残念ながら中国になる


スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
587位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。