ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

【鉄オタ】外国人が絶対喜ぶ「日本の鉄道ベスト10」

来日する外国人観光客は増加の一途をたどっている。
彼らは、いわゆる定番観光地だけではなく、日本全国のあらゆる地域に出没するようになった。
また、パック旅行利用ではなく、自ら行きたいところに鉄道を利用して旅する人も増えてきた。

 そうした外国人にとって乗ってみたいと思う路線や列車は何だろうか。
厳密な統計などを取っているわけではないが、
彼らの興味や関心の傾向から、外国人観光客が喜びそうな鉄道ランキングを予想してみた。

■ 東海道・北陸新幹線の人気は絶大

 第1位:東海道新幹線

 外国人が来日して乗ってみたいと思う鉄道の第1位は、東海道新幹線であろう。
首都東京から名古屋を通り京都、大阪へ向かう通称「ゴールデンルート」をたどる観光客が圧倒的に多いからだ。

 そして車窓から眺める富士山。定番中の定番とはいえ、他を寄せ付けない人気を誇っている。
さらに、静岡付近の茶畑、浜名湖、関ヶ原付近の伊吹山などの景色も楽しめる。
日本人にとってはどうということはないけれど、
沿線の至るところで出会う日本を代表する企業の事務所や工場、看板も日本の象徴であり、印象的に違いない。

 第2位:北陸新幹線

 最近の注目路線は金沢へ向かう北陸新幹線だ。現在の終点である古都・金沢の人気はうなぎ登りで、京都のような定番観光地になりつつある。
沿線には、軽井沢、長野、立山黒部アルペンルートの玄関、富山もある。
途中下車の楽しみもあり、
善光寺のような観光地だけでなく、日本的な小布施や飯山あたりの里山の情景もスポットライトを浴びつつある。

 また、ビジネス特急的な東海道新幹線とは異なり、飛行機のファーストクラスにあたるグランクラスも注目の的だ。
2つの新幹線を乗り比べれば、日本の新幹線の多様性を認識してもらえるだろう。

 第3位:ワイドビューひだ

 金沢や富山に近い観光地で人気が高いのが飛騨の高山である。
高山から名古屋や大阪への直通特急「ワイドビューひだ」も周遊コースに組み込むと人気がでると思う。
新幹線とは違った鉄道旅行の楽しみが味わえる在来線特急。なかでも飛騨川に沿って走り車窓が素晴らしい路線、
しかも大陸的なスケールの大きさではなく、箱庭的な変化に富んだ風景は、日本的情景と映ることであろう。

 第4位:近鉄特急

 名古屋と関西から伊勢志摩、奈良、飛鳥、吉野など多彩な観光地をめぐるのに便利でしかも車輛が魅力的な鉄道といえば、近鉄の特急電車だ。

 大人気の「しまかぜ」はもちろんのこと、アーバンライナー、伊勢志摩ライナー、ビスタカー、さくらライナーなど多彩なラインナップを揃えている。
サロンカー、デラックスカー、カフェなど客室のバリエーションも多く、日本の鉄道旅行の魅力や楽しさを満喫できるのではないだろうか。
いずれもグレードの高い第1級の特急車両ばかりなので、鉄道先進国としての多様な車両をアピールできると思う。

 第5位:嵯峨トロッコ列車、第6位:叡山電車「きらら」

 このような比較的長距離を走る列車だけではなく、身近な路線でも魅力的なものは数多い。

 とくに巨大な観光都市である京都には、個性的なミニ路線がいくつもある。
なかでも嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車と叡山電車の観光車両「きらら」は、紅葉シーズンには大人気だ。
車内から楽しむ紅葉狩りというのは、海外ではあまり類例がないだけに喜ぶ外国人が多いと思われる。



2 名前:オムコシ ★ 転載ダメ©2ch.net[ageteoff] 投稿日:2015/10/13(火) 14:29:23.33 ID:???
>>1の続き

■ 世界遺産や温泉地を鉄道でめぐる

 第7位:南海「天空」

 関西において、京都以外で人気沸騰中なのは高野山(和歌山県)である。
ユネスコの世界遺産登録後の外国人訪問客は増加の一途をたどっている。

 そのアクセスとしては、大阪の難波から出ている南海高野線が便利で、特急「こうや」、それと橋本と極楽橋間で運転される観光電車「天空」が注目の的だ。
さらに、極楽橋駅から高野山駅まで一気に駆け上がるケーブルカーではフランス語の車内放送も流れる。
それだけフランス人に大人気であり、
外国人にとって見るモノ、触れるモノ、食べるモノすべてが珍しいようだ。

 第8位:JR九州「ゆふいんの森」

 鉄道自体の魅力といえば、JR九州に数多くある観光列車も喜んで乗ってもらえるのではないだろうか。

 種類が多くて迷ってしまい、また「ななつ星in九州」は予約客が多く、来日ついでにすぐ乗ることは難しい。
目的地の温泉、それと車両のある程度のグレードの高さを勘案すると「ゆふいんの森」を第一に挙げて推薦するのが妥当だろう。

 車体外観の風貌もユニークだが、それ以上に、木のぬくもりを感じさせるインテリアは日本的である。
おもてなしの心で、きめ細やかなサービスを笑顔でふるまう女性アテンダントも好印象を与えるだろう。
車窓も、沿線の山々や筑後川沿いの渓谷、間近に見える慈恩の滝、そして二こぶの山頂を持つ由布岳と、変化に富んでいて見飽きることがないだろう。

■ 東京近郊にも魅力的な鉄道がある

 第9位:小田急ロマンスカー「VSE」

 訪日観光客は首都東京を拠点に移動することが圧倒的に多く、
都心から気楽に行ける観光地への鉄道旅行も提案したい。まずは、箱根へ向かう小田急ロマンスカー。
なかでも「VSE」には大満足だろう(第9位)。
前面展望室の元祖はイタリアの特急「セッテベロ」とはいえ、本家がすでに引退した今、物珍しい車両として人気を呼ぶだろう。

 第10位:富士急

 最後は富士急が人気となりそうだ。東海道新幹線で車窓から眺められる富士山は、ごく短い時間でしかないが、
富士急なら富士山を間近でたっぷりと堪能できるし、楽しい車両もそろっている。

 また、フジサン特急、富士登山電車の車体に描かれたキャラクターやデザインに、日本のアニメの魅力とダブって面白がる外国人が多いのではないだろうか。
さらに、運転日限定とはいえ、成田国際空港から直通特急が運転されることも利便性の点から重宝がられると思う。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151013-00087525-toyo-bus_all










少年時代鉄オタだった俺から見た連れていきたい処ベスト5ぐらい

・瀬戸大橋線
本州側からトンネルを抜けて高架になり
瀬戸大橋わたる瞬間のドキドキはトンネルなんかの目じゃない

・満員電車
首都圏お勧め。10両以上の車両が満員で
次から次へと来るのはカルチャーショック

・阪急梅田~十三
並走区間は数あれど同じ会社の同じ色の電車が同じ駅から
同じ方向に走って競争するのは楽しい

・三岐鉄道北勢線&あすなろう鉄道
マッチ箱のような電車が日常使用されている衝撃。


できれば事前情報を知らせずに駅に連れていき入線を見せたい。
76.5%の確率でWAHAHAHAHAH~と爆笑してくれるに違いない。

・京阪京津線
上記の電車に乗せた後「ソーリーソーリー次はちゃんとした電車に乗せるよ」
と言って騙して浜大津駅~太秦天神川まで乗せる。


普通の電車が併用軌道に入った瞬間顔が見たい。
間違いなく「オーマイが―」を連発する。
最後は太秦に連れていけば文句も言わないだろうし。


仕事でひだ乗った時、アメリカンな観光一家が乗ってて
そこの小学生くらいの兄弟が「オーマイガッ」を
連発してて笑った
ホントに言うんだ、的な


スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
469位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。