ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

サッカー界の絶滅危惧種 欧州で激減する「ワン・クラブ・マン」

イケル・カシージャス、シャビ・エルナンデス、スティーブン・ジェラード、バスティアン・シュバインシュタイガー。
錚々(そうそう)たる顔ぶれのこの4選手は、今夏に新天地を求めたスター選手たちだ。彼らに共通しているのは、
いずれも母国のクラブで欧州チャンピオンズリーグ制覇を経験しているということ。30歳を超えて初めての
移籍であるということ。そして、全員が下部組織からクラブ一筋でプレーしていたチームの象徴的な選手だったと
いうことだ。
 
現在も代表選手としての活躍が期待されるスペイン代表のカシージャスとドイツ代表シュバインシュタイガーは、
それぞれレアル・マドリードから隣国ポルトガル強豪FCポルト、バイエルン・ミュンヘンからマンチェスター・
ユナイテッドと欧州内での移籍となった。

2014年ブラジル・ワールドカップを最後にスペイン代表から退いたシャビは3冠達成を置き土産にバルセロナから
カタールのアル・サッドへ旅立った。同じくイングランド代表を引退したジェラードはリバプールを離れ、アメリカの
ロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍した。

カシージャス、シャビ、ジェラードの3選手はクラブで主将の重責を担い、バイエルンの副主将だったシュバインシュタイガーも
ドイツ代表ではキャプテンマークを巻くなど、常に先頭に立ってチームを牽引する模範となってきた。クラブへの
忠誠心を持っつジェンドは、自国に残り愛着あるクラブとの対戦を望まず、キャリア初めての移籍で異国の地での
挑戦を選択した。
 
下部組織時代も含めれば、カシージャスとジェラードは25年間、シャビが24年間、シュバインシュタイガーは
17年間という長い時間を一つのクラブで過ごしてきた。キャリアの大半というだけでなく、人生の半分以上を
クラブに捧げてきた。
 
彼らのようにクラブ一筋のまま、キャリアの晩年を迎えているプレーヤーとしては元イタリア代表のフランチェスコ・
トッティの名前が挙げられる。9月で39歳を迎えるトッティは、1989年にローマの下部組織に入団。27年目のシーズンへ
向かおうとしている。
 
そのローマの”王子”は先日、伊地元紙「イル・メッサジェーロ」に対し「今年はここ(ローマ)にいるが、来年のことは
分からない」という言葉を残している。今季がラストシーズンを迎える可能性もありそうだ。

「ワン・クラブ・マン(一つのクラブでプレーを続ける選手)」はいまや姿を消しつつある。トッティに以外にもバルセロナの
アンドレス・イニエスタ(31歳)やリオネル・メッシ(28歳)、ローマのダニエレ・デ・ロッシ(31歳)らもクラブ愛を貫く選手として
知られるが、年齢的にはまだ引退は遠い。

フランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ(元ミラン)やライアン・ギグス、ポール・スコールズ(元ユナイテッド)など、
かつてはクラブ一筋のまま現役生活終えた選手は存在した。

移籍が年俸を急激に高めるチャンスとなるために数年で移籍を繰り返す選手や、高額年俸などの好待遇でキャリアの
晩年に中東やアジアなどへ活躍の場を求めるケースが多い欧州サッカー界で、偉大な「ワン・クラブ・マン」は今後
現れるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150717-00010005-soccermzw-socc










そもそもワンクラブマンなんて
昔から本当にごく一部じゃね
記事で出てるマルディーニとかスコールズぐらいしか思いつかない


何で書かれてないのかわかんないけどマンユニスタの俺としてはルーニーが移籍したらマンUサポは即辞めるよ
生え抜き選手として一生涯をマンチェに捧げて欲しい


これから異次元レベルのドル高ユーロ安来るから
どんどんアメリカリーグに移籍するやつ増えるわな
ユーロ紙くずも近い


サッカーファンならだれもが知っているってレベルだと難しいだろうね
衰えてきてもまだまだ現役を続けたいと思ってたら移籍は避けられないだろうし



まぁ、ワンクラブマンはバンディエラよりも難しいからなぁ。
サネッティなんて明らかにインテルのバンディエラだったけど、
それでもアルゼンチンのクラブから引き抜いてきたわけだし。


クラブ一筋の選手が引退前に離れるケースって
前からアメリカ行ってみたかった、とか
中東や中国が小遣いくれるって言ってるんで程度の動機なのが残念だよね

スポンサー リンク

コメント

ルーニーはトフィーズ育ちでマンU移籍。
非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
626位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。