ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

ラノベ 次のアニメ化作品はこれ!? 過去11年間のデータを振り返り大胆予測

http://ddnavi.com/wp-content/uploads/2015/06/rightnovel.jpg

 数あるアニメのなかで、一大ジャンルを形成しているライトノベル原作の作品。
今期はライトノベル『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(GA文庫 以下「ダンまち」)がアニメ化。
“例の紐”でも話題となり人気を獲得した。

 また、7月からの夏アニメでは『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(ガガガ文庫)、
『六花の勇者』(集英社ダッシュエックス文庫)、『空戦魔導士候補生の教官』(富士見ファンタジア文庫)、『デュラララ!!』(電撃文庫)のほか、
「ダンまち」同様、WEB小説からの書籍化作品である『オーバーロード』(KADOKAWA)、『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(アルファポリス)まで含めれば、ライトノベルを原作としたアニメが6作も放送予定。こちらも非常に楽しみだ。

 それにしても、こうした状況を見ると、改めてライトノベルからアニメへという流れがひとつの形として完全に定着したと感じさせられる。
さて、次はどのラノベがアニメ化されるのか。

 2004年から刊行されているライトノベルのランキング本『このライトノベルがすごい!』(宝島社)の過去11年間のトップ10作品を見てみると、
対象全56作品(複数年に重複してランクインしているものは1作としてカウント)中33作品がアニメ化または実写化している。
中でも2008~2011年度版のトップ10作品が凄まじい。
複数年にわたってランクインしている作品はあるものの、2008、2010年はともにトップ10作品中8作が、さらに2009、2011年にいたっては、
なんと10作品全てがアニメ化または実写化作品となっており、この4年間にトップ10入りした全22作品中、19作品が映像化作品なのだ。

 そんな中、この期間中に2度に渡りトップ10圏内にランクイン(2008年は9位、2010年は6位、2009年はトップ10圏外ながら11位)しながらも、
アニメ化に至っていない作品がある。それが、細音啓による『黄昏色の詠使い』(富士見ファンタジア文庫)だ。

『このライトノベルがすごい!』2008~2011年度版トップ10にランクインした22作品
http://ddnavi.com/wp-content/uploads/2015/06/hyou1.jpg
※このうち、映像化していないのは、『蒼穹のカルマ』、
『黄昏色の詠使い』、『ミミズクと夜の王』の3作のみ。

 その中でも、細音啓は18回ファンタジア長編小説大賞佳作を受賞し、2007年に本作でデビュー。
その緻密な世界観や、独自の召喚言語の設定、新人離れした巧みな構成と文章力、
そして何より読む者の心をぐっとつかむような繊細で美しい物語は、たちまち読者を魅了した。

 その後も『氷結鏡界のエデン』『不完全神性機関イリス』『S.I.R.E.N.』(いずれも富士見ファンタジア文庫)といった王道ファンタジー作品を送り出し、根強いファンを獲得している。
いずれの作品にも共通するキーワードが登場するなど、作品を越えて、設定や世界観がつながっていることを感じさせるのも興味深い。


キャプチャr










単純にブームと言うかネタ探しに困っただけ。

少し前ならマンガから、その前になら新書から。
きっかけは角川書店だとは思うけどね。


クールアニメにせずに半年とか一年かけてじっくり作るという発想は無いんだろうか。
塑造乱造ばっかりすると質は落ちる。


漫画みたいに古い人気作品をアニメ化する流れこないかねえ
ちょいと流行れば旧作でも本が売れることは証明されたわけだし


アニメ化したけど原作完結してもアニメの続き無いのが多いような
頼むからアニメも完結させてくれよ
アニメは原作宣伝の一部とはいえ、続き有りますけど後は原作で、ってのは酷いよね



ラノベの原型を作った平井和正のウルフガイシリーズや
菊地秀行・夢枕獏辺りの作品って意外とアニメ化されてないよね・・・


なろうアニメ化ラッシュでもトップの無職はアニメ化なさそうだな
しても絶対失敗だろうし


『世界の終わりの世界録4 異端の覇王』
細音 啓

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
469位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。