ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

国内メーカー「ついに日本人の6割がiPhoneを使う時代になるとは…」

 日本メーカーが手掛けるスマートフォンが、お膝元の国内市場で海外勢に押されて苦戦している。
2014年の国内シェア(出荷台数ベース)は「iPhone(アイフォーン)」が人気の
米アップルが58.7%と圧倒的に強く、4.7%の韓国サムスン電子と合わせると6割強を海外勢が占める。
国内勢の存在感は年々薄れており、13年に4位だった富士通はベスト5にも入らなかった。
高機能の端末を低価格で販売する中国勢も日本への本格参入を虎視眈々(たんたん)と狙っており、
国産スマホはさらなる窮地に立たされそうだ。

 「ついに日本人の6割がアイフォーンを使う時代になるとは…」。国内メーカーの幹部はこう漏らし、肩を落とした。
調査会社IDCジャパンによると、14年の国内シェアでアップルは前年比12.7ポイント増と
2桁の伸びをみせたのに対し、国内勢はソニーが前年と同じ2位ながらも1.7ポイント減の14.2%で、
経営難に苦しむシャープも前年同様の3位だったが0.7ポイント減の11.4%と、
それぞれシェアを落とした。前年は8.1%だった富士通は半分近くシェアを減らした。

 海外ではトップのシェアを誇る韓国のサムスン電子は順位が前年5位から4位に上昇したものの、
シェアは1.9ポイント減の4.7%に後退した。
まさにアイフォーンが独り勝ちの状況で、アップルは日本で「わが世の春」を謳歌(おうか)している格好だ。

 スマホが登場する以前は、国内の携帯電話は9割以上を日本製が占め、さまざまな独自の先進機能を盛り込んだ
日本仕様の「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」が人気の中心だった。ガラケーは世界に先駆けて
インターネット接続や携帯向け放送サービス「ワンセグ」の受信、
「おサイフケータイ」など高度な機能を備え、技術力の高さを国内外に示した。

 ただ、ガラケーの人気が高かったこともあって、国内メーカーはスマホの開発競争で遅れを取り、結果として
海外勢に一気にシェアを奪われる事態になった。中でもスマホの元祖といえるアイフォーンはブランド力の
高さもあって、日本で大きくシェアを伸ばしている。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150505-00000000-biz_fsi-nb








iPhone5sから買い替えたくない。
XperiaZ3cみたいなのが売れてるんだから、

国内メーカーはもっと小さいのを出せばいいのに。


3年ぐらい前に電車に乗ってたら
女子高生が全員iPhoneを使ってた
これで日本のメーカーは終わったなと思った


けっきょくガラケーにこだわってスマホの世界市場から出遅れた日本
自分の国でもiPhoneが幅を利かせる始末
家電大国が泣くわ
ほんとガラケーにこだわってたせいで


ほんと携帯やデジモノ系に無知だったり、興味ない奴ほどiPhone使ってる
メーカーは撤退するか、年に1機種発売だけになるかもな
そうなると遅いんだけどなぁ、いつまでも選択肢があると思ってるなら大間違い



iPhoneで何の不満もないしな
完成度高いっていうか凝ったことやりたいわけじゃないからこれで十分
いじり倒して遊びたい人は泥買えばいいさ






しかしiPhone3Gが出たばっかりの頃
日本のメーカーが「こんなの1日で作れますよw」
と言ってたのが懐かしい

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
494位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。