ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

米国では日常茶飯事 「世紀の大トレード」日本のプロ野球からなぜ消えた

これが日本ならばどれだけの騒動になるのか。

現地時間5日、MLBのパドレスがブレーブスからキンブレル投手(26)とアップトン外野手(30)をトレードで獲得したと発表。
見返りとして、内野手2人、マイナー選手2人に加え、今季のドラフト指名権を放出した。

キンブレルは昨季47セーブを挙げたブレーブスの守護神。
アップトンも昨季141試合に出場した俊足強肩の主力だ。
2人の年俸は合計8035万ドル(約96億4200万円)。パドレスが全額負担するという。

メジャーでは大型トレードは日常茶飯事。エースや主砲、守護神であっても「商談」の対象となる。

ならば日本はどうか。近年、耳目を引いたトレードといえば、13年1月に日本ハムがオリックスに仕掛けたものだろう。
日ハムは糸井と八木(現中日)を放出し、オリックスから大引(現ヤクルト)と木佐貫、赤田を獲得した。
糸井と大引は確かに主力選手とはいえ、「大型」とまで言えないだろう。

■失敗恐れ保身に走る球団フロント

日本球界でも、かつては大型トレードが行われていた。
阪神のエースだった江夏は76年の南海移籍を皮切りに、4度のトレードで5球団を渡り歩いた。
「世紀の大トレード」と言われたのが、63年の山内(大毎)―小山(阪神)。
75年には張本(日ハム)が高橋・富田(巨人)と1対2で移籍した。
阪神は78年に江川を放出し、巨人の小林を獲得。さらに田淵ら2人を西武の真弓ら4選手とトレードした。
86年の中日はロッテの落合を獲得するため、牛島ら4人を出している。

なぜ、現在はこうした大型トレードがなくなったのか。
ある球団で編成を務めたOBは「ひとつはファンの反発でしょう」とこう言う。

「日本はトレードそのものにマイナスのイメージがある。
主力を出せば必ずファンから『なぜアイツを放出した!』と反発されますからね。
しかも、昔と違って(インター)ネットが普及している。トレードに反感を抱くファンがネットで意見を共有すれば、
反発は我々も無視できないほど大きなものになる。
編成部や球団フロントが連日やり玉に挙がり、下手すれば球団人気そのものに響きかねない。
セのある球団などは、大型トレード案が決まりかけながら、フロント上層部が『ファンの意見も聞いてみないと……』
と及び腰になって破談になった。昔では考えられないことです」


■失敗恐れ保身に走る球団フロント

日本球界でも、かつては大型トレードが行われていた。阪神のエースだった江夏は76年の南海移籍を皮切りに、4度のトレードで5球団を渡り歩いた。
「世紀の大トレード」と言われたのが、63年の山内(大毎)―小山(阪神)。
75年には張本(日ハム)が高橋・富田(巨人)と1対2で移籍した。阪神は78年に江川を放出し、巨人の小林を獲得。
さらに田淵ら2人を西武の真弓ら4選手とトレードした。86年の中日はロッテの落合を獲得するため、牛島ら4人を出している。

なぜ、現在はこうした大型トレードがなくなったのか。ある球団で編成を務めたOBは「ひとつはファンの反発でしょう」とこう言う。

「日本はトレードそのものにマイナスのイメージがある。主力を出せば必ずファンから『なぜアイツを放出した!』と反発されますからね。
しかも、昔と違って(インター)ネットが普及している。
トレードに反感を抱くファンがネットで意見を共有すれば、反発は我々も無視できないほど大きなものになる。
編成部や球団フロントが連日やり玉に挙がり、下手すれば球団人気そのものに響きかねない。
セのある球団などは、大型トレード案が決まりかけながら、フロント上層部が『ファンの意見も聞いてみないと……』
と及び腰になって破談になった。昔では考えられないことです」

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/158769
2015年4月9日

http://static.nikkan-gendai.com/img/article/000/158/769/fec19700582baba2bc68f797d7c4826d20150408112445920.jpg


fec19700582baba2bc68f797d7c4826d20150408112445920.jpg




秋山・渡辺智・内山⇔佐々木・村田・橋本

これだろやっぱ
糸井とか八木とか誰だよ
何処が大型やねん



糸井のトレードは結構な大型
年末だったが番組中にテレビのニュース速報でもテロップで流れたぐらいだし
まあ、たしかに糸井一人が大型だったわけだが



FAができたのと、
年俸がインフレしたのと、
昔みたいにドラフトで希望球団に固執する風潮が無くなったのと、
球団とゴネる選手が少なくなった。

この辺が要因じゃなかろうかな



大型トレードと言われるような主力級の選手がみな小粒になったので、
トレードしても大型とは言われない。
プロ野球はマニアの物に成り果ててるので、メディアも騒がない。
かってのプロレスと同じ運命を辿る。



とはいえ、誰もが知ってる野球選手なんていないじゃん
巨人ですら顔と名前が一致するのが阿部と高橋ぐらいだもんな
マスゴミ自体がもう現役選手の煽りすらしなくなって監督ばかり取り上げるんじゃ
誰がトレードに出されようが煽りようがないだろうね


スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
512位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。