ocean-918999_1920.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー リンク

ガラパゴス化で先細る日本のアニメ輸出!作品がよければ売れる時代は終わった


1 :オムコシ ★:2015/02/25(水) 13:56:21.08 ID:???.net
アカデミー賞は惜しくも逃したが、「かぐや姫の物語」や「ダム・キーパー」など日本人の監督によるアニメ作品がノミネートされ、あらめてそのレベルの高さを印象付けた。
しかし、日本のアニメはクール・ジャパンの牽引役と期待されながら、実は長らく輸出が伸び悩んでいる。
海外への売り上げのピークは2005年には313億円だったが、13年には169億円まで減少してしまった。
コンテンツ・ビジネスに詳しい電通コンサルティングのシニアディレクター森祐治さんはこう分析している。
「今までは日本のアニメは人気があり、海外の人たちがどんどん買いに来ていたので、あまり売り方を考えなくても、人気があるものをそのまま持っていけばお金になったのです。
ところが、05年をピークに下がってきた。
実は日本のアニメだけでなく、DVDなど映像作品が非常に苦しい時代に入ったということなんです。
日本はそういう環境の変化を知らなかった。
そのためマイナスの方向に一緒に落ち込んでしまったのです」

◆徹底した「買い手優先」で成長する韓国アニメ
いま現場では、企画の段階から海外の多様な人々を意識した制作を進める新たな取り組みが模索されている。
東京都内にある最大手の制作会社の看板作品「ドラゴンボール」は、29年前から世界70か国以上でテレビ放送がされてきた。
そんな実績のある会社だが、最新の映画は初めから海外市場を意識し、世界30か国以上の公開を計画している。
そのため各国の規制にも配慮し、たとえば日本では多く見られる流血の場面をなくした。
そうした「国際標準化」を進めることで、各国のファンを獲得しようという戦略なのだ。
日本のアニメ制作会社のアドバイザーを務めるジョン・イーサムさんはこういう。「(2000年代前半、アメリカで大ヒットした)『ポケモン』と同じことをみんな狙っていて、
日本からたくさんの作品を買い始めたのですが、残念ながらキッズ(子供)向けでヒットしている日本のアニメは減っています。
やはり海外のターゲットをどうするかが課題だったと思うんですよね」
日本のアニメが低迷している間に、「標準化」を徹底して輸出を伸ばしたのが韓国だ。ロボットがクルマに変身する「ロボカーボリー」は世界80か国以上で放送されている。
制作会社は企画段階から海外で展開することを想定し、どこの国でも受け入れられやすい作品を作ることに力を傾けてきた。
その一つが試写会。
各国のバイヤーにパイロット版を見てもらい、それぞれの国の実情に合わない部分を指摘してもらって訂正したり削除したりしている。
時にはストーリー自体を変えることもあるという。
オム・ジョンヨン監督は「私たちの作品をできるだけ多くの国の子供に見てもらいたいので、それぞれの国にある制約を守るのは当たり前です」と話す。

http://www.j-cast.com/tv/2015/02/24228655.html
※続く






深夜アニメは実験的なことをやったり、前衛的な内容でオタを満足させつつ技術を高め、
一般向けは完全にマーケッティングを重視して、暴力や性表現も無しのビジネスに徹する。




既存メディアをマスゴミと揶揄するネットユーザーが
マスゴミ的なネットメディアを欲するのと共通している。

結局日本人の国民性がコンテンツのあり方も決めてしまうのではないだろうか。



もうリスクとって目先の利益でオタ特化になるのかな
昔みたくゴールデンで一般層がアニメに触れる機会そもそもないですもんね



『作品が良ければ売れる』時代なんて国内向けアニメでもとっくの昔に終わってるじゃん
これ知らなきゃアニオタ同士の話題に乗り遅れる(けいおんとかまどかマギカとかラブライブあたり)


or友達から無視される(ドラゴンボールとかポケモンとか)って感じのアニメ作りしたのくらいしか売れてないし

スポンサー リンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

kureed2

Author:kureed2
FC2ブログへようこそ!

アクセス

プライバシーのポリシー

http://kureed2.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
1476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
604位
アクセスランキングを見る>>

スポンサー リンク

最新記事

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。